読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿美礼と鶴実の決してのぞいてはなりませぬ

レディになるために日々研究

はじめに

初めまして、こんにちは。

名前も頭の中もおめでたい寿美礼でございます。

 

ブログを始めたきっかけは

親友の鶴実と

「何かふたりでブログを書きたいね」

という突然の思いつきでした。

 

そこで沢山わたしたちの要素を書き出しました。

 

女の子から女性に変わるこの年齢にしか出来ないことをしよう。

書いていくうちに自分たちが変わるものにしよう。

 

そして出た結論が

 

「レディになるためのブログにしよう!」

 

リサーチ、実行、考察を繰り返し

失敗談から成功談までを綴ろうと決まりました。

 

早速わたしはこの事を決めた日から失敗をしました。

 

この打ち合わせをするために鶴実とわたしのアルバイト先でランチをしました。

鶴実は

「あなたが吸うと思って喫煙席にしたわよ」

 

やったー!ありがとう!ここまで来る間は吸えなかったんだよね!

 

席について一本喫煙しました。

 

ランチを食べ終えてからは吸わず、打ち合わせを済ませて退席しました。

 

が!

 

この一本が失敗でした。

 

出勤するなり支配人がわたしの元へやって来て

 

「お客として来るのはありがとう。なんだけど、もしあなたの顔を覚えているお客様がいらしたらどう思う?煙草を吸うのも時と場合を考えなさい。」

 

なるほどなぁ…と。

 

少しお高い店なのでそういうことも考えないといけませんね。

 

しかし淑女だったらどうだろうか。

わたしの服をオーダーしてくれているマダムたちは吸わないし、いつもエレガンスなあの方々も吸わないし、皇后さまも吸わないだろうし、オードリーも吸わなかったであろう。

ダイアナ王妃は吸っていたかも…。

あら、きっと淑女は概ね煙草を吸わないんだわ…と思い辞めることを決意。

 

いいきっかけになりました。

喫煙も喫茶と同じもので嗜むものなのですから、辞められないわけがありません。

祖母は普段は吸わなくてもたまにお気に入りの葉巻を嗜んでいました。

なので安い煙草を(わかばとかエコーを吸っているわけではありません)

吸うのは今日で終わり!ということにしました。

 

無知って怖いですね〜。

でもご指摘してくださるなんてありがたいです。

これもまだわたしが若いからですね。

そういう大人は本当に大切にしなくては。

 

失敗はひとつに留まらず。

 

帰って来てから疲れてそのまま寝てしまい

お化粧を落とさずに寝てしまいました。

 

お肌…ごめんね…。

 

ではでは失敗を踏まえて今日からまたがんばります!

みなさまよい一日を!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。