読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿美礼と鶴実の決してのぞいてはなりませぬ

レディになるために日々研究

花冷え

花の話題が続きますが、今日は目から鱗が落ちたので記事にします。

 

大人として女性として正しく美しい日本語を話したいと思っている矢先、

図書館で「大和言葉のこころえ」という本が目に留まりました。

副題は「品のよい日本語と大人のたしなみ」です。

 

早速1ページ目から知らないことばかり教えていただきました。

 

春の挨拶として日差しが明るく穏やかな日を表して

「のどやかな季節になりましたね。」

「うららかな春になりましたね。」

などが使われますが、

「今日は小春日和ですね。」

は春に使うのは誤用らしいです。知らなかった!

 

小春日和は陰暦十月(現代の十一月)に春のような気候の日をさす言葉らしく、秋に使う言葉なのですね。

 

それとよく使う"三寒四温"という言葉。

これも春先の不安定な気候を指すものかと思いきや、暦の上で冬の時期(なので節分以前かな)に3日寒い日が続いて4日温かい日が続くことを言うようです。

2月以降でもニュース番組で使われていましたが…。誤用らしいです…。

 

三寒四温というのではなく

「今日は花冷えですね。」

という言い回しがあるそうです。

先日の記事に書いたとおり花は桜をさし、

桜の花が咲く頃の急な冷え込みをさす言葉らしいです。

それと同じ意味で「今日は冴え返る日になるそうです。」という言い回しもあり、

今の時期に使える言葉を知ることができました。

 

まだ1ページでこんなに目から鱗が落ちているので、最後まで読むのがたのしみです。

 

さてさて、明日はのどやかな日になるそうですよ。

洗濯と掃除を済ませてしまおうと思います!

みなさまゆっくりおやすみなさいませ。

花いろ

鶴実が書いた記事をふむふむと読んで考えていました。

感慨深いです。

 

今日のタイトルの花いろとはわたしの大好きなお店の名前でもあります。

 

花にはたくさんの色があります。

美しくない色などないと思うのはわたしだけでしょうか。

人間も同じなのかな、と。

 

「だめなところを治すより、いいところを伸ばすことが大事。」

これはうちの社長の口癖です。

よいも悪いもその人の色。

 

「幼く見られるのを気にするより売りにしよう」

 

と、A○Bの16歳アイドルを追っかけてるお客さまから助言いただきました。

ロリコンチックな方からのアドバイスでもOKかしら?笑

 

しかし変化も楽しみたいわたしは某外資系メーカーで働く美容部員さんであるお客さまに、なりたい自分に合った眉毛を相談しに行く予定です。

 

楽しみ♡♡

 

鶴実からメールで

「髪の毛の短いあなたの方がよきかな」

というお言葉をちょうだいしました。

 

わたしもかなり短いショートヘアがお気に入り、、、。

 

なのですが、すごくお気に入りのリボンタイがついているコートを着たときに全然似合わなかったのです。

姿鏡の前でショックを受けました。

なりたい自分のイメージにはロングヘアが似合う模様です。

これから伸ばすとなるとかなり時間がかかりますが、気長に伸ばしていこうと思います。

髪だけじゃなくてよいところも!

 

なりたい自分のイメージを固めていくことが大事ですね。

 

そしてすっごく余談ですが…

昔の百人一首などの短歌では花は桜をさす言葉です。

その言葉が使われた歌では

花の色はうつりにけりないたづらに

わが身世にふるながめせしまに

という小野小町の歌が有名です。

花と女性である自分を重ねて、長雨を眺めている間にすっかり桜もわたしもあの人との仲も色褪せてしまいましたわ〜と歌っています。

絶世の美女と呼ばれていた女流歌人が読む少しさみしい歌です。

 

「花は咲いたら枯れる、人も同じよ」

と純喫茶ロー○ンスの店主さんもおっしゃっていました。

 

単純なわたし「咲いてるうちにめいいっぱい楽しもう!」

 

もうすぐ桜の季節ですね🌸

 

仕事終わりのラーメンもバーもがまんして卵と醤油を買ってきたので、朝起きて食べる卵かけご飯を楽しみにしながらおやすみなさい。

 

カブトムシとアゲハチョウ

 

 

 

月一ブログみたいになっていますね。

しかし、細く長くということにして

ブログは継続していきたい、そんなスタンスです。

 

 

今日は春一番と思えるような風の強さと気温の暖かさ。

昨日は春先取りということで美容院でカラーとカットをしてきました。

希望色は、赤。

 

仕上がったカラーを見てみると…

おやおや?あんまり変化ないぞ…

せっかくあまり行かない美容院に行ったのに、

これじゃあなんだか損した気分だわ…

 

と少し残念に思いながらお外に出ると、、

太陽の光が当たり髪色は綺麗な赤に見えました!

 

そんなエピソードを聴いた知人は

「カブトムシみたいだね」

と言いました。

 

なんでも、

カブトムシは蛍光灯や暗いところだと

マットな茶色に見えるけど、

太陽の下や自然の中にいると艶やかな

赤茶色を美しく放つそうです。

 

それを聴いてわたしはこの髪色を

「カブトムシカラー」と名付けました。

 

 

 

 

さて、寿美礼の書いた「emergency」

 

朝イチで読んで、

「あー、めっちゃわかるわかる」と素直に思いました。

わたしの場合は、過去に自分の思う鶴実と

他人が思う鶴実のギャップに悩まされて

深く落ち込んでいた時期がありました。

 

 

 

いや、今もまだその癖は治ってはいないかもしれないです。

 

 

 

しかし、最近は他人が思う鶴実を受け入れるようになり始めました。

もちろん、あまりにも自分の意思と反した印象を持たれているときは「さて、どうしたものか…」と

心の中でつぶやきますがね。笑

 

でも、本当の自分を知ってもらうのは

ごくわずかな身内だけで十分なのかもしれない。

あとは、他人が思う鶴実を受け入れちゃって

それを個性にしてしまえばいいのかもしれない。

 

難しいんですよ、

人って顔もあれば心もあるし、

体があって臓器がある、だから

「自分」の生き方で行動していても

表面の見た目で大きく「この子はこんな子!」

って決められてしまうことが多いから。

 

本当はヒーロー役をしたいのに

「怖そうな顔してるから悪役が良い」

といわれ希望通りにいかない俳優さんも

たくさんいるでしょう。

むしろ、その方が普通なのかも。

 

理不尽だけど、これが現実。

 

 

 

だったら、無理に自分の思う自分を

貫くのではなく、みんなが思う鶴実を作ればいいのかなって。

 

 

そう思わせてくれたのは

インスタグラムフォロワー数日本人No.1の

渡辺直美さん。

 

彼女のパフォーマンスとトーク力、

わたしはすごく尊敬しています。

 

彼女こそ「周りが求める直美」

を創り上げていて、一点の濁りもない。

 

自分の個性を発揮したと同時に

相手から見た自分をものすごく理解している。

 

だから、凄く魅力的でセクシーで

みんな虜になるんでしょうね。

 

誰もがそうなる、なんて絶対にできないけれど

周りからみた自分を知るということも

とても大切なんだなと思いました。

 

 

 

もちろん、なりたい自分に近づくための

努力は必須です!

むしろ、なったつもりで生きてしまえばいい!とも思ってます。

 

でも、そこにプラスして

自分の印象を理解するとより一層魅力的になるのかもしれない。

 

 

 

カブトムシの話ではないけど、

自分の一番輝ける光を知れれば

誰にも負けない魅力を発揮できるのではないか…

 

 

 

最後に…ちょっと話の趣旨とずれる気はしますが。

 

あの大人気バスケ漫画スラムダンク

赤木が山王チームの華麗なプレーに圧倒され、自分のプレーに劣等感を抱き、うまく自分の持ち味を出せず湘北チームの足を引っ張ってしまうエピソードがあります。

 

 

そんなとき、陵南キャプテンの魚住は

「華麗な技をもつ河田(相手チームのセンター)は鯛。お前に華麗なんて言葉が似合うと思うか、赤木。お前は鰈(カレイ)だ。 泥にまみれろよ。」

f:id:sumitsuru:20170315165826j:image

といって試合中に喝を入れます。

 その後の赤木はいつも通り自分らしいプレーを発揮し、強豪山王に勝利します。

 

あのセリフ、小学校のときは理解できなかったけど、今はものすごく心にしみます。

 

 わたしも、いつでも美しいアゲハチョウになりたいけども、

自分らしく輝けるツヤツヤのカブトムシでもいいなって思えました。じぶんにしかできない、じぶんにしかない良さってあるから。

 

 

はは、いつも通り長くなってしまいましたが。

久々に啓発的なブログも悪くないかな、と。

 

しかし、カブトムシカラーはいいのですが…

あまり髪色の変化に気づかれないのは残念な事実です(笑)

 

 

 

Emergency!!

 

お久しぶりです。

春に生まれてなくても寿美礼という名前をつけられていただろうわたしです。

最近つるちゃんとも文面でしかコミュニケーションを取っていなくてすこし寂しかったのですが、彼女のInstagramでの投稿を見てお腹を抱えて笑いました。

ありがとう〜。

 

そして気がつけばもうすぐそこまで春が来ています。

毎日楽しみでルンルンしています。

 

今日のタイトルは日本語で緊急事態、、、。

 

私の身に緊急事態が起きています。

 

 未 成 年 に 間 違 え ら れ る 。

 

なぜ?どうして?

 

お酒を出す場所で働いているのに、未成年に間違えられるなんて。なんて!

ロリコンのおじさんたちによく好かれるし( ;  ; )

 

最近おじさま方が言ってくださる「可愛い」という言葉は「幼い」というニュアンスが込められていると思うのです。

今まで言ってもらってたのは口説き文句的なものだったのに、、、。

 

そういえば口説かれていない、、、。

 

去年までは口説かれるような場所で働いていたし、彼氏もいなかったし、、、。

 

そういえば、去年の秋に恋人でない人から偏執的に愛されて女に見られないように髪の毛をめちゃくちゃ切ったんだった。

 

思い出しました。

この時から女らしい格好もしてません( ;  ; )

ワンピースとかもあまり着てないし、つけまつげもつけてないし、香水もアクセサリーも、、、。

 

そういうことがこんな風に制服を着て働いていてもにじみ出てしまうのですね。

 

それは仕方ないや。

 

髪の毛はまだ伸びないにしても、女らしいっていう要素や行動を少しずつ取り戻して行こうと思います。

 

ステディな関係の相手が出来たっていうのも大きいのかもなー、って思いました。

いや、しかし言い訳は良くない。

ブログのパートナーのつるちゃんは彼氏が出来てからめきめき綺麗になったし。

最近会ってないけど、SNSを見てる限りでは痩せていってる、、、。

 

童顔なのは治せないけど、24歳に向けて女らしくなって行こうと初心に帰りました!

とりあえず寝具は全てピンクにしてます。

おやすみなさい🌙

 

 

 

 

よくできました

f:id:sumitsuru:20170203212141j:image

 

毎日オムレツの特訓をがんばった自分を褒めています!

 

やっとここまで来ました〜。

今度は彼氏に作って差し上げようと思います( ;∀;)

 

やはり継続は力なりですね。

少しずつですが成長は出来るものです。

本業も成長を楽しみにがんばっていこう。

このブログも素敵な女性になれるまでつるちゃんと書いていこう。

 

祝杯だわ!

 

オム…親子丼

毎日オムレツを作ってるとなんだか食べるのが飽きちゃって…。

 

今夜は親子丼の上だけをつくりました。

親子丼のご飯なしです。

 

f:id:sumitsuru:20170201023402j:image

 

オムレツを作らない日が来るなんて…。

 

うそです。

お昼と夜の計2回つくりました。

 

お昼は父に食べていただきました!

写真はないのですが

「あとは形だけだね〜」

という感想をいただきました( ;∀;)

 

f:id:sumitsuru:20170201023533j:image

 

そして今夜。このような感じです。

本当に作ってる感覚でもあと一歩…というのがわかります。。。

 

明日もがんばるぞ!!

継続は力なり!

みなさんこんばんは!

鶴実ちゃんがとても素敵な情景描写を先ほどの記事で載せてくださりました。

読んでいて美しい景色が目に浮かぶ文章でした。

情緒的な感性を育てることも立派な女性としての重要な要素だと思います。

 

ということですが、わたしは今日もオムレツの成果報告をしようと思います!

 

飽き性だったわたしが毎日オムレツの特訓をしているというだけで、自分自身が楽しくなっています。

 

f:id:sumitsuru:20170131034822j:image

 

そして!今日のオムレツは!!

八分五厘まで来たのではないでしょうか?!

 

明後日ごろには九分になるのではないでしょうか?!

 

嬉しいよ〜( ;∀;)

 

毎日こうやって写真を撮っているのも続くコツかもしれません。

継続は力なり。正にその通りでした。

 

お客さんにオムレツを練習していると話すと

「オムレツが作れるようになったらもうフライパンと親友になったも同然だよ」

と特訓を激励してくださりました。

 

今度お客さんにも八分五厘まで来たと報告したいです、うう。

 

私は割とポジティブな思考の持ち主なので

毎日作るオムレツを自画自賛しております。

しかし、きっと夜な夜な一人で作るより誰かに毎日評価してもらっている方が自画自賛より上達を早めるのではないかと思ったりもしました。

 

明日は父に食べてもらおうと思います。

 

そして同じく評価されることと言えば

去年読んだ本で女性はパートナーから言われる評価で良くも悪くも変わると書いてありました。

このブログの本題っていい女性になるにはというテーマなんですけどね、実は。

 

そこで今日女性のお客さんと今まで言われて嬉しかったことを話していました。

 

まずはお客さんから

「私はよく彼といるとムスッとして黙ってしまうんだけど、彼はそれを見てニコニコしてるの。"○○が機嫌治って笑うって自信あるから俺はそれまで笑ってるね"って言われて、嬉しくて不機嫌もすぐ治っちゃった(*´-`)」

 

なんて可愛いんだ、お客さん…。

彼氏さん上級者だなぁと感心しました。

どっちも機嫌が良くなる魔法の言葉ですね。

笑った顔ってみんな可愛いものですし、笑わせられる人ってまずは自分から笑うよな〜と改めて気づかされました。

 

私のことも聞かれて、過去の記憶を遡り色々考えたのですが…

これは恋人としてお付き合いしていない人からなんですけど

「寿美礼と一緒におるとこ誰かに見られたいしちょっとそこまで歩きたい。そんで今から行くところ俺の行きつけやから。連れとる女が褒められるの好きやから少し付き合って。」

 

これってすごく女性を上げる言葉だなって今になって思います。

まず自分が相手をみんなに見せたいほどにいい女だって思ってることを告げて、自分のテリトリーに連れて行けるくらい好意的で、自分以外の人からも褒められる機会を与える。という三点。

経験値の違いってすごいやと思ったのでした。

 

おかげさまでだいぶ女性として上げてもらったと思います。なむなむ。

 

さて、明日もオムレツ作るのがんばってお料理上手ないい女目指します!